Skip to content

HSコード一覧

第29類 有機化学品


・ 第29類: 有機化学品

・ 第1節 炭化水素並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第01項: 非環式炭化水素

・ 第10号: 飽和のもの

・ 不飽和のもの

・ 第21号: エチレン

・ 第22号: プロペン(プロピレン)

・ 第23号: ブテン(ブチレン)及びその異性体

・ 第24号: ブタ-1,3-ジエン及びイソプレン

・ 010: 1 ブタ-1,3-ジエン

・ 020: 2 イソプレン

・ 第29号: その他のもの

・ 第02項: 環式炭化水素

・ 飽和脂環式炭化水素、不飽和脂環式炭化水素及びシクロテルペン炭化水素

・ 第11号: シクロヘキサン

・ 第19号: その他のもの

・ 010: 1 5-エチリデン-2-ノルボルネン

・ 090: 2 その他のもの

・ 第20号: ベンゼン

・ 第30号: トルエン

・ キシレン

・ 第41号: オルト-キシレン

・ 第42号: メタ-キシレン

・ 第43号: パラ-キシレン

・ 第44号: キシレン異性体の混合物

・ 第50号: スチレン

・ 第60号: エチルベンゼン

・ 第70号: クメン

・ 第90号: その他のもの

・ 第03項: 炭化水素のハロゲン化誘導体

・ 非環式炭化水素の塩素化誘導体(飽和のものに限る。)

・ 第11号: クロロメタン(塩化メチル)及びクロロエタン(塩化エチル)

・ 第12号: ジクロロメタン(塩化メチレン)

・ 第13号: クロロホルム(トリクロロメタン)

・ 第14号: 四塩化炭素

・ 第15号: 二塩化エチレン(ISO)(1,2-ジクロロエタン)

・ 第19号: その他のもの

・ 010: 1,1,1-トリクロロエタン

・ 090: その他のもの

・ 非環式炭化水素の塩素化誘導体(不飽和のものに限る。)

・ 第21号: 塩化ビニル(クロロエチレン)

・ 第22号: トリクロロエチレン

・ 第23号: テトラクロロエチレン(ペルクロロエチレン)

・ 第29号: その他のもの

・ 非環式炭化水素のふつ素化誘導体、臭素化誘導体及びよう素化誘導体

・ 第31号: 二臭化エチレン(ISO)(1,2-ジブロモエタン)

・ 第39号: その他のもの

・ 臭素化誘導体

・ 011: 臭化メチル

・ 019: その他のもの

・ ふつ素化誘導体

・ 021: ペルフルオロメタン(PFC-14)

・ 022: ペルフルオロエタン(PFC-116)

・ 023: ジフルオロメタン(HFC-32)

・ 024: ペンタフルオロエタン(HFC-125)

・ 026: 1,1,1-トリフルオロエタン(HFC-143a)

・ 029: その他のもの

・ 1,1,1,2-テトラフルオロエタン(HFC-134a)

・ 031: 噴霧器に充てんしたもの

・ 039: その他のもの

・ 1,1-ジフルオロエタン(HFC-152a)

・ 041: 噴霧器に充てんしたもの

・ 049: その他のもの

・ 051: ペルフルオロプロパン(PFC-218)

・ 052: ペルフルオロヘキサン(PFC-51-14)

・ 053: 1,1,1,3,3-ペンタフルオロプロパン(HFC-245fa)

・ 054: 1,1,1,3,3-ペンタフルオロブタン(HFC-365mfc)

・ 090: その他のもの

・ 非環式炭化水素のハロゲン化誘導体(二以上の異なるハロゲン原子を有するものに限る。)

・ 第71号: クロロジフルオロメタン

・ 第72号: ジクロロトリフルオロエタン

・ 第73号: ジクロロフルオロエタン

・ 010: 1,1-ジクロロ-1-フルオロエタン(HCFC-141b)

・ 090: その他のもの

・ 第74号: クロロジフルオロエタン

・ 010: 1-クロロ-1,1-ジフルオロエタン(HCFC-142b)

・ 090: その他のもの

・ 第75号: ジクロロペンタフルオロプロパン

・ 第76号: ブロモクロロジフルオロメタン、ブロモトリフルオロメタン及びジブロモテトラフルオロエタン

・ 010: ブロモクロロジフルオロメタン(ハロン-1211)

・ 020: ブロモトリフルオロメタン(ハロン-1301)

・ 030: ジブロモテトラフルオロエタン(ハロン-2402)

・ 第77号: その他のペルハロゲン化誘導体(ふつ素原子及び塩素原子のみを有するものに限る。)

・ 010: トリクロロフルオロメタン(CFC-11)

・ 020: ジクロロジフルオロメタン(CFC-12)

・ 030: クロロトリフルオロメタン(CFC-13)

・ 040: ペンタクロロフルオロエタン(CFC-111)

・ 050: テトラクロロジフルオロエタン(CFC-112)

・ 060: トリクロロトリフルオロエタン(CFC-113)

・ 070: ジクロロテトラフルオロエタン(CFC-114)

・ 080: クロロペンタフルオロエタン(CFC-115)

・ 100: ヘプタクロロフルオロプロパン(CFC-211)

・ 110: ヘキサクロロジフルオロプロパン(CFC-212)

・ 120: ペンタクロロトリフルオロプロパン(CFC-213)

・ 130: テトラクロロテトラフルオロプロパン(CFC-214)

・ 140: トリクロロペンタフルオロプロパン(CFC-215)

・ 150: ジクロロヘキサフルオロプロパン(CFC-216)

・ 160: クロロヘプタフルオロプロパン(CFC-217)

・ 990: その他のもの

・ 第78号: その他のペルハロゲン化誘導体

・ 第79号: その他のもの

・ 100: ブロモクロロメタン

・ その他のハロゲン化誘導体 (メタン、エタン又はプロパンをふつ素及び塩素を用いてハロゲン化したものに限る。)

・ 210: ジクロロフルオロメタン(HCFC-21)

・ 220: クロロテトラフルオロエタン(HCFC-124)

・ 290: その他のもの

・ その他のもの

・ 910: その他のハロゲン化誘導体 (メタン、エタン又はプロパンをふつ素及び臭素を用いてハロゲン化したものに限る。)

・ 990: その他のもの

・ 飽和脂環式炭化水素、不飽和脂環式炭化水素又はシクロテルペン炭化水素のハロゲン化誘導体

・ 第81号: 1,2,3,4,5,6-ヘキサクロロシクロヘキサン(HCH(ISO))(リンデン(ISO、INN)を含む。)

・ 第82号: アルドリン(ISO)、クロルデン(ISO)及びヘプタクロル(ISO)

・ 100: 1 クロルデン

・ 200: 2 アルドリン及びヘプタクロル

・ 第83号: マイレックス(ISO)

・ 第89号: その他のもの

・ 010: ジブロモエチルジブロモシクロヘキサン、テトラブロモシクロオクタン及びヘキサブロモシクロドデカン

・ その他のもの

・ 091: ペルフルオロシクロブタン(PFC-c318)

・ 099: その他のもの

・ 芳香族炭化水素のハロゲン化誘導体

・ 第91号: クロロベンゼン、オルト-ジクロロベンゼン及びパラ-ジクロロベンゼン

・ 第92号: ヘキサクロロベンゼン(ISO)及びDDT(ISO)(クロフェノタン(INN)、1,1,1-トリクロロ-2,2-ビス(パラ-クロロフェニル)エタン)

・ 第93号: ペンタクロロベンゼン(ISO)

・ 第94号: ヘキサブロモビフェニル

・ 第99号: その他のもの

・ 100: ペンタブロモエチルベンゼン及びデカブロモジフェニルエタン

・ 900: その他のもの

・ 第04項: 炭化水素のスルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体(ハロゲン化してあるかないかを問わない。)

・ 第10号: スルホン基のみを有する誘導体並びにその塩及びエチルエステル

・ 第20号: ニトロ基又はニトロソ基のみを有する誘導体

・ 100: 1 ニトロメタン

・ 200: 2 その他のもの

・ ペルフルオロオクタンスルホン酸及びその塩並びにペルフルオロオクタンスルホニルフルオリド

・ 第31号: ペルフルオロオクタンスルホン酸

・ 第32号: ペルフルオロオクタンスルホン酸アンモニウム

・ 第33号: ペルフルオロオクタンスルホン酸リチウム

・ 第34号: ペルフルオロオクタンスルホン酸カリウム

・ 第35号: その他のペルフルオロオクタンスルホン酸塩

・ 第36号: ペルフルオロオクタンスルホニルフルオリド

・ その他のもの

・ 第91号: トリクロロニトロメタン(クロロピクリン)

・ 第99号: その他のもの

・ 100: 1 パラ-ニトロクロロベンゼン

・ 900: 2 その他のもの

・ 第2節 アルコール並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第05項: 非環式アルコール並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 飽和一価アルコール

・ 第11号: メタノール(メチルアルコール)

・ 第12号: プロパン-1-オール(プロピルアルコール)及びプロパン-2-オール(イソプロピルアルコール)

・ 第13号: ブタン-1-オール(ノルマル-ブチルアルコール)

・ 第14号: その他のブタノール

・ 第16号: オクタノール(オクチルアルコール)及びその異性体

・ 100: 1 2-エチルヘキシルアルコール(2-エチルヘキサン-1-オール)

・ 200: 2 その他のもの

・ 第17号: ドデカン-1-オール(ラウリルアルコール)、ヘキサデカン-1-オール(セチルアルコール)及びオクタデカン-1-オール(ステアリルアルコール)

・ 第19号: その他のもの

・ 不飽和一価アルコール

・ 第22号: 非環式テルペンアルコール

・ 第29号: その他のもの

・ 二価アルコール

・ 第31号: エチレングリコール(エタンジオール)

・ 第32号: プロピレングリコール(プロパン-1,2-ジオール)

・ 第39号: その他のもの

・ その他の多価アルコール

・ 第41号: 2-エチル-2-(ヒドロキシメチル)プロパン-1,3-ジオール(トリメチロールプロパン)

・ 第42号: ペンタエリトリトール

・ 第43号: マンニトール

・ 第44号: D-グルシトール(ソルビトール)

・ 第45号: グリセリン

・ 第49号: その他のもの

・ 非環式アルコールのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第51号: エトクロルビノール(INN)(※)

・ 第59号: その他のもの

・ 010: ジブロモネオペンチルグリコール(2,2-ジブロモメチル-1,3-プロパン-ジオール)

・ 090: その他のもの

・ 第06項: 環式アルコール並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 飽和脂環式アルコール、不飽和脂環式アルコール及びシクロテルペンアルコール並びにこれらの誘導体

・ 第11号: メントール

・ 第12号: シクロヘキサノール、メチルシクロヘキサノール及びジメチルシクロヘキサノール

・ 第13号: ステロール及びイノシトール

・ 第19号: その他のもの

・ 100: 1 ボルネオール及びテルピネオール

・ 200: 2 1,4-シクロヘキサンジメタノール

・ 900: 3 その他のもの

・ 芳香族アルコール及びその誘導体

・ 第21号: ベンジルアルコール

・ 第29号: その他のもの

・ 第3節 フェノール及びフェノールアルコール並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第07項: フェノール及びフェノールアルコール

・ 一価フェノール

・ 第11号: 石炭酸(ヒドロキシベンゼン)及びその塩

・ 第12号: クレゾール及びその塩

・ 第13号: オクチルフェノール及びノニルフェノール並びにこれらの異性体並びにこれらの塩

・ 第15号: ナフトール及びその塩

・ 第19号: その他のもの

・ 100: 1 キシレノール及びその塩

・ 2 その他のもの

・ (1) 単核一価フェノール

・ 911: A パラ-ターシャリ-ブチルフェノール

・ 919: B その他のもの

・ 990: (2) その他のもの

・ 多価フェノール及びフェノールアルコール

・ 第21号: レソルシノール及びその塩

・ 第22号: ヒドロキノン(キノール)及びその塩

・ 第23号: 4,4'-イソプロピリデンジフェノール(ビスフェノールA又はジフェニロールプロパン)及びその塩

・ 第29号: その他のもの

・ 第08項: フェノール又はフェノールアルコールのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ ハロゲン置換基のみを有する誘導体及びその塩

・ 第11号: ペンタクロロフェノール(ISO)

・ 第19号: その他のもの

・ 100: 1 臭素化誘導体

・ 900: 2 その他のもの

・ その他のもの

・ 第91号: ジノセブ(ISO)及びその塩

・ 第92号: 4,6-ジニトロ-オルト-クレゾール(DNOC(ISO))及びその塩

・ 第99号: その他のもの

・ 第4節 エーテル、アルコールペルオキシド、エーテルペルオキシド、ケトンペルオキシド、エポキシドで三員環のもの、アセタール及びヘミアセタール並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第09項: エーテル、エーテルアルコール、エーテルフェノール、エーテルアルコールフェノール、アルコールペルオキシド、エーテルペルオキシド及びケトンペルオキシド(化学的に単一であるかないかを問わない。)並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 非環式エーテル並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第11号: ジエチルエーテル

・ 第19号: その他のもの

・ 010: エチル-ターシャリ-ブチルエーテルのうちバイオマス(動植物に由来する有機物(原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらから製造される製品を除く。)をいう。)から製造したエチルアルコール(エタノール)を原料として製造したものである旨が政令で定めるところにより証明されたもの

・ その他のもの

・ 091: 飽和非環式エーテルのふつ素化誘導体

・ 099: その他のもの

・ 第20号: 飽和脂環式エーテル、不飽和脂環式エーテル及びシクロテルペンエーテル並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第30号: 芳香族エーテル並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 1 臭素化誘導体

・ 110: ペンタブロモジフェニルオキシド及びテトラデカブロモジフェノキシベンゼン

・ 190: その他のもの

・ 200: 2 その他のもの

・ エーテルアルコール並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第41号: 2,2'-オキシジエタノール(ジエチレングリコール又はジゴール)

・ 第43号: エチレングリコール又はジエチレングリコールのモノブチルエーテル

・ 第44号: エチレングリコール又はジエチレングリコールのその他のモノアルキルエーテル

・ 第49号: その他のもの

・ 010: トリエチレングリコール

・ 090: その他のもの

・ 第50号: エーテルフェノール及びエーテルアルコールフェノール並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第60号: アルコールペルオキシド、エーテルペルオキシド及びケトンペルオキシド並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第10項: 三員環のエポキシド、エポキシアルコール、エポキシフェノール及びエポキシエーテル並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第10号: オキシラン(エチレンオキシド)

・ 第20号: メチルオキシラン(プロピレンオキシド)

・ 第30号: 1-クロロ-2,3-エポキシプロパン(エピクロロヒドリン)

・ 第40号: ディルドリン(ISO、INN)

・ 第50号: エンドリン(ISO)

・ 第90号: その他のもの

・ 030: 1 1,2-エポキシブタン(1,2-ブチレンオキシド)

・ 090: 2 その他のもの

・ 第11項: アセタール及びヘミアセタール(他の酸素官能基を有するか有しないかを問わない。)並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第00号: アセタール及びヘミアセタール(他の酸素官能基を有するか有しないかを問わない。)並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第5節 アルデヒド官能化合物

・ 第12項: アルデヒド(他の酸素官能基を有するか有しないかを問わない。)、アルデヒドの環式重合体及びパラホルムアルデヒド

・ 非環式アルデヒド(他の酸素官能基を有しないものに限る。)

・ 第11号: メタナール(ホルムアルデヒド)

・ 第12号: エタナール(アセトアルデヒド)

・ 第19号: その他のもの

・ 環式アルデヒド(他の酸素官能基を有しないものに限る。)

・ 第21号: ベンズアルデヒド

・ 第29号: その他のもの

・ アルデヒドアルコール、アルデヒドエーテル、アルデヒドフェノール及び他の酸素官能基を有するアルデヒド

・ 第41号: バニリン(4-ヒドロキシ-3-メトキシベンズアルデヒド)

・ 第42号: エチルバニリン(3-エトキシ-4-ヒドロキシベンズアルデヒド)

・ 第49号: その他のもの

・ 100: 1 アルデヒドアルコール

・ 900: 2 その他のもの

・ 第50号: アルデヒドの環式重合体

・ 第60号: パラホルムアルデヒド

・ 第13項: 第29.12項の物品のハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第00号: 第29.12項の物品のハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第6節 ケトン官能化合物及びキノン官能化合物

・ 第14項: ケトン及びキノン(他の酸素官能基を有するか有しないかを問わない。)並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 非環式ケトン(他の酸素官能基を有しないものに限る。)

・ 第11号: アセトン

・ 第12号: ブタノン(メチルエチルケトン)

・ 第13号: 4-メチルペンタン-2-オン(メチルイソブチルケトン)

・ 第19号: その他のもの

・ 飽和脂環式ケトン、不飽和脂環式ケトン及びシクロテルペンケトン(他の酸素官能基を有しないものに限る。)

・ 第22号: シクロヘキサノン及びメチルシクロヘキサノン

・ 第23号: イオノン及びメチルイオノン

・ 第29号: その他のもの

・ 1 しよう脳

・ 011: (1)融点が175度未満のもの

・ 019: (2)その他のもの

・ 090: 2 その他のもの

・ 芳香族ケトン(他の酸素官能基を有しないものに限る。)

・ 第31号: フェニルアセトン(フェニルプロパン-2-オン)

・ 第39号: その他のもの

・ 第40号: ケトンアルコール及びケトンアルデヒド

・ 第50号: ケトンフェノール及び他の酸素官能基を有するケトン

・ キノン

・ 第61号: アントラキノン

・ 第62号: コエンザイムQ10(ユビデカレノン(INN))(※)

・ 第69号: その他のもの

・ ハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第71号: クロルデコン(ISO)

・ 第79号: その他のもの

・ 第7節 カルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第15項: 飽和非環式モノカルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ ぎ酸並びにその塩及びエステル

・ 第11号: ぎ酸

・ 第12号: ぎ酸の塩

・ 第13号: ぎ酸のエステル

・ 酢酸及びその塩並びに無水酢酸

・ 第21号: 酢酸

・ 第24号: 無水酢酸

・ 第29号: その他のもの

・ 010: 酢酸ナトリウム

・ 020: 酢酸コバルト

・ 090: その他のもの

・ 酢酸のエステル

・ 第31号: 酢酸エチル

・ 第32号: 酢酸ビニル

・ 第33号: 酢酸ノルマル-ブチル

・ 第36号: 酢酸ジノセブ(ISO)

・ 第39号: その他のもの

・ 100: 1 酢酸イソブチル

・ 2 その他のもの

・ 910: 酢酸-2-エトキシエチル

・ 990: その他のもの

・ 第40号: モノクロロ酢酸、ジクロロ酢酸及びトリクロロ酢酸並びにこれらの塩及びエステル

・ 第50号: プロピオン酸並びにその塩及びエステル

・ 第60号: ブタン酸及びペンタン酸並びにこれらの塩及びエステル

・ 第70号: パルミチン酸及びステアリン酸並びにこれらの塩及びエステル

・ 010: 1 ステアリン酸

・ 020: 2 その他のもの

・ 第90号: その他のもの

・ 1 カプリン酸、ラウリン酸及びミリスチン酸並びにカプリン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸又はステアリン酸の誘導体

・ 011: カプリン酸、ラウリン酸及びミリスチン酸

・ 019: その他のもの

・ 090: 2 その他のもの

・ 第16項: 不飽和非環式モノカルボン酸及び環式モノカルボン酸並びにこれらの酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 不飽和非環式モノカルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 第11号: アクリル酸及びその塩

・ 第12号: アクリル酸のエステル

・ 第13号: メタクリル酸及びその塩

・ 第14号: メタクリル酸のエステル

・ 第15号: オレイン酸、リノール酸及びリノレン酸並びにこれらの塩及びエステル

・ 第16号: ビナパクリル(ISO)

・ 第19号: その他のもの

・ 第20号: 飽和脂環式モノカルボン酸、不飽和脂環式モノカルボン酸及びシクロテルペンモノカルボン酸並びにこれらの酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 芳香族モノカルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 第31号: 安息香酸並びにその塩及びエステル

・ 第32号: 過酸化ベンゾイル及び塩化ベンゾイル

・ 第34号: フェニル酢酸及びその塩

・ 第39号: その他のもの

・ 010: フェニル酢酸のエステル

・ 090: その他のもの

・ 第17項: ポリカルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 非環式ポリカルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 第11号: しゆう酸並びにその塩及びエステル

・ 第12号: アジピン酸並びにその塩及びエステル

・ 010: アジピン酸

・ 090: その他のもの

・ 第13号: アゼライン酸及びセバシン酸並びにこれらの塩及びエステル

・ 第14号: 無水マレイン酸

・ 第19号: その他のもの

・ 第20号: 飽和脂環式ポリカルボン酸、不飽和脂環式ポリカルボン酸及びシクロテルペンポリカルボン酸並びにこれらの酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 芳香族ポリカルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 第32号: オルトフタル酸ジオクチル

・ 第33号: オルトフタル酸ジノニル及びオルトフタル酸ジデシル

・ 第34号: その他のオルトフタル酸エステル

・ 010: オルトフタル酸ジブチル

・ 090: その他のもの

・ 第35号: 無水フタル酸

・ 第36号: テレフタル酸及びその塩

・ 第37号: テレフタル酸ジメチル

・ 第39号: その他のもの

・ 020: 2 その他のもの

・ その他のもの

・ 010: フタル酸及びイソフタル酸

・ 090: その他のもの

・ 020: テトラブロモ無水フタル酸

・ 030: 1 2,6-ナフタレンジカルボン酸ジメチルエステル

・ 第18項: カルボン酸(他の酸素官能基を有するものに限る。)並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ アルコール官能のカルボン酸(他の酸素官能基を有するものを除く。)並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 第11号: 乳酸並びにその塩及びエステル

・ 第12号: 酒石酸

・ 第13号: 酒石酸の塩及びエステル

・ 第14号: くえん酸

・ 第15号: くえん酸の塩及びエステル

・ 010: 1 くえん酸カルシウム

・ 090: 2 その他のもの

・ 第16号: グルコン酸並びにその塩及びエステル

・ 第17号: 2,2-ジフェニル-2-ヒドロキシ酢酸(ベンジル酸)

・ 第18号: クロロベンジレート(ISO)

・ 第19号: その他のもの

・ 010: 1 コール酸

・ 090: 2 その他のもの

・ フェノール官能のカルボン酸(他の酸素官能基を有するものを除く。)並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 第21号: サリチル酸及びその塩

・ 第22号: オルト-アセチルサリチル酸並びにその塩及びエステル

・ 第23号: サリチル酸のその他のエステル及びその塩

・ 第29号: その他のもの

・ 第30号: アルデヒド官能又はケトン官能のカルボン酸(他の酸素官能基を有するものを除く。)並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらの誘導体

・ 100: 1 デヒドロコール酸(3,7,12-トリケトコール酸)

・ 200: 2 その他のもの

・ その他のもの

・ 第91号: 2,4,5-T(ISO)(2,4,5-トリクロロフェノキシ酢酸)並びにその塩及びエステル

・ 第99号: その他のもの

・ 第8節 非金属の無機酸のエステル及びその塩並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第19項: りん酸エステル及びその塩(ラクトホスフェートを含む。)並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第10号: トリス(2,3-ジブロモプロピル)ホスフェート

・ 第90号: その他のもの

・ 100: トリス(クロロプロピル)ホスフェート

・ 900: その他のもの

・ 第20項: 非金属のその他の無機酸のエステル(ハロゲン化水素酸エステルを除く。)及びその塩並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ チオりん酸エステル(ホスホロチオエート)及びその塩並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第11号: パラチオン(ISO)及びパラチオンメチル(ISO)(メチルパラチオン)

・ 第19号: その他のもの

・ 亜りん酸エステル及びその塩並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体

・ 第21号: 亜りん酸ジメチル

・ 第22号: 亜りん酸ジエチル

・ 第23号: 亜りん酸トリメチル

・ 第24号: 亜りん酸トリエチル

・ 第29号: その他のもの

・ 第30号: エンドスルファン(ISO)

・ 第90号: その他のもの

・ 1 炭酸エステル及びその誘導体

・ 011: (1) 炭酸ビニレン、炭酸フルオロエチレン、炭酸エチルメチル、炭酸プロピレン及び炭酸ジエチル

・ 019: (2) その他のもの

・ 090: 2 その他のもの

・ 第9節 窒素官能化合物

・ 第21項: アミン官能化合物

・ 非環式モノアミン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第11号: メチルアミン、ジメチルアミン及びトリメチルアミン並びにこれらの塩

・ 第12号: 2-(N,N-ジメチルアミノ)エチルクロリド塩酸塩

・ 第13号: 2-(N,N-ジエチルアミノ)エチルクロリド塩酸塩

・ 第14号: 2-(N,N-ジイソプロピルアミノ)エチルクロリド塩酸塩

・ 第19号: その他のもの

・ 非環式ポリアミン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第21号: エチレンジアミン及びその塩

・ 第22号: ヘキサメチレンジアミン及びその塩

・ 第29号: その他のもの

・ 第30号: 飽和脂環式モノアミン、不飽和脂環式モノアミン、シクロテルペンモノアミン、飽和脂環式ポリアミン、不飽和脂環式ポリアミン及びシクロテルペンポリアミン並びにこれらの誘導体並びにこれらの塩

・ 芳香族モノアミン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第41号: アニリン及びその塩

・ 010: 1 アニリン

・ 020: 2 アニリンの塩

・ 第42号: アニリン誘導体及びその塩

・ 第43号: トルイジン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第44号: ジフェニルアミン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第45号: 1-ナフチルアミン(アルファ-ナフチルアミン)及び2-ナフチルアミン(ベータ-ナフチルアミン)並びにこれらの誘導体並びにこれらの塩

・ 第46号: アンフェタミン(INN)、ベンツフェタミン(INN)、デキサンフェタミン(INN)、エチランフェタミン(INN)、フェンカンファミン(INN)、レフェタミン(INN)、レバンフェタミン(INN)、メフェノレクス(INN)及びフェンテルミン(INN)並びにこれらの塩

・ 第49号: その他のもの

・ 芳香族ポリアミン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第51号: オルト-フェニレンジアミン、メタ-フェニレンジアミン、パラ-フェニレンジアミン及びジアミノトルエン並びにこれらの誘導体並びにこれらの塩

・ 100: 1 メタ−フェニレンジアミン

・ 900: 2 その他のもの

・ 第59号: その他のもの

・ 第22項: 酸素官能のアミノ化合物

・ アミノアルコール(二種類以上の酸素官能基を有するものを除く。)並びにそのエーテル及びエステル並びにこれらの塩

・ 第11号: モノエタノールアミン及びその塩

・ 第12号: ジエタノールアミン及びその塩

・ 第14号: デキストロプロポキシフェン(INN)及びその塩

・ 第15号: トリエタノールアミン

・ 第16号: ペルフルオロオクタンスルホン酸ジエタノールアンモニウム

・ 第17号: メチルジエタノールアミン及びエチルジエタノールアミン

・ 010: メチルジエタノールアミン

・ 020: エチルジエタノールアミン

・ 第18号: 2-(N,N-ジイソプロピルアミノ)エタノール

・ 第19号: その他のもの

・ 020: 1 アミノアルコール

・ 2 その他のもの

・ 091: トリエタノールアミンの塩

・ 099: その他のもの

・ アミノナフトールその他のアミノフェノール(二種類以上の酸素官能基を有するものを除く。)並びにそのエーテル及びエステル並びにこれらの塩

・ 第21号: アミノヒドロキシナフタレンスルホン酸及びその塩

・ 第29号: その他のもの

・ アミノアルデヒド、アミノケトン及びアミノキノン(二種類以上の酸素官能基を有するものを除く。)並びにこれらの塩

・ 第31号: アンフェプラモン(INN)、メサドン(INN)及びノルメサドン(INN)並びにこれらの塩

・ 第39号: その他のもの

・ アミノ酸(二種類以上の酸素官能基を有するものを除く。)及びそのエステル並びにこれらの塩

・ 第41号: リジン及びそのエステル並びにこれらの塩

・ 第42号: グルタミン酸及びその塩

・ 100: 1 グルタミン酸ソーダ

・ 200: 2 その他のもの

・ 第43号: アントラニル酸及びその塩

・ 第44号: チリジン(INN)及びその塩

・ 第49号: その他のもの

・ 第50号: アミノアルコールフェノール、アミノ酸フェノール及び酸素官能基を有するその他のアミノ化合物

・ 第23項: 第四級アンモニウム塩、水酸化第四級アンモニウム及びレシチンその他のホスホアミノリピド(レシチンその他のホスホアミノリピドについては、化学的に単一であるかないかを問わない。)

・ 第10号: コリン及びその塩

・ 第20号: レシチンその他のホスホアミノリピド

・ 第30号: ペルフルオロオクタンスルホン酸テトラエチルアンモニウム

・ 第40号: ペルフルオロオクタンスルホン酸ジデシルジメチルアンモニウム

・ 第90号: その他のもの

・ 100: 1 水酸化トリメチルアダマンチルアンモニウム(ADAH)及び水酸   化テトラエチルアンモニウム(TEAH)

・ 900: 2 その他のもの

・ 第24項: カルボキシアミド官能化合物及び炭酸のアミド官能化合物

・ 非環式アミド(非環式カルバマートを含む。)及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第11号: メプロバメート(INN)(※)

・ 第12号: フルオロアセトアミド(ISO)、モノクロトホス(ISO)及びホスファミドン(ISO)

・ 第19号: その他のもの

・ 020: 1 2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸及びオキサミド

・ 029: 2 その他のもの

・ 環式アミド(環式カルバマートを含む。)及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第21号: ウレイン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第23号: 2-アセトアミド安息香酸(N-アセチルアントラニル酸)及びその塩

・ 第24号: エチナメート(INN)(※)

・ 第25号: アラクロール(ISO)

・ 第29号: その他のもの

・ 010: アスパルテーム(アスパルタム(INN))

・ 090: その他のもの

・ 第25項: カルボキシイミド官能化合物(サッカリン及びその塩を含む。)及びイミン官能化合物

・ イミド及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第11号: サッカリン及びその塩

・ 第12号: グルテチミド(INN)

・ 第19号: その他のもの

・ イミン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第21号: クロルジメホルム(ISO)

・ 第29号: その他のもの

・ 100: 1 クロルヘキシジン及びその塩

・ 900: 2 その他のもの

・ 第26項: ニトリル官能化合物

・ 第10号: アクリロニトリル

・ 第20号: 1-シアノグアニジン(ジシアンジアミド)

・ 第30号: フェンプロポレクス(INN)及びその塩並びにメサドン(INN)中間体(4-シアノ-2-ジメチルアミノ-4,4-ジフェニルブタン)

・ 第40号: アルファ-フェニルアセトアセトニトリル

・ 第90号: その他のもの

・ 第27項: ジアゾ化合物、アゾ化合物及びアゾキシ化合物

・ 第00号: ジアゾ化合物、アゾ化合物及びアゾキシ化合物

・ 第28項: ヒドラジン又はヒドロキシルアミンの有機誘導体

・ 第00号: ヒドラジン又はヒドロキシルアミンの有機誘導体

・ 第29項: その他の窒素官能基を有する化合物

・ 第10号: イソシアナート

・ 010: トルエンジイソシアナート(トリレンジイソシアナート)

・ 020: ジフェニルメタンジイソシアナート

・ 090: その他のもの

・ 第90号: その他のもの

・ 第10節 オルガノインオルガニック化合物、複素環式化合物及び核酸並びにこれらの塩並びにスルホンアミド

・ 第30項: 有機硫黄化合物

・ 第20号: チオカルバマート及びジチオカルバマート

・ 第30号: チウラムモノスルフィド、チウラムジスルフィド及びチウラムテトラスルフィド

・ 第40号: メチオニン

・ 第60号: 2-(N,N-ジエチルアミノ)エタンチオール

・ 第70号: ビス(2-ヒドロキシエチル)スルフィド(チオジグリコール(INN))

・ 第80号: アルジカルブ(ISO)、カプタホール(ISO)及びメタミドホス(ISO)

・ 第90号: その他のもの

・ 100: 1 ジチオカルボナート(キサントゲン酸塩)

・ 900: 2 その他のもの

・ 第31項: その他のオルガノインオルガニック化合物

・ 第10号: テトラメチル鉛及びテトラエチル鉛

・ 第20号: トリブチルすず化合物

・ その他の有機りん誘導体

・ 第31号: メチルホスホン酸ジメチル

・ 第32号: プロピルホスホン酸ジメチル

・ 第33号: エチルホスホン酸ジメチル

・ 第34号: メチルホスホン酸3-(トリヒドロキシシリル)プロピルナトリウム

・ 第35号: 2,4,6-トリプロピル-1,3,5,2,4,6-トリオキサトリホスホン酸2,4,6-トリオキシド

・ 第36号: (5-エチル-2-メチル-2-オキシド-1,3,2-ジオキサホスフィナン-5-イル)メチルメチルメチルホスホネート

・ 第37号: ビス[(5-エチル-2-メチル-2-オキシド-1,3,2-ジオキサホスフィナン-5-イル)メチル]メチルホスホネート

・ 第38号: メチルホスホン酸と(アミノイミノメチル)尿素との1:1の割合の塩

・ 第39号: その他のもの

・ 第90号: その他のもの

・ 第32項: 複素環式化合物(ヘテロ原子として酸素のみを有するものに限る。)

・ 非縮合フラン環(水素添加してあるかないかを問わない。)を有する化合物

・ 第11号: テトラヒドロフラン

・ 第12号: 2-フルアルデヒド(フルフラール)

・ 第13号: フルフリルアルコール及びテトラヒドロフルフリルアルコール

・ 第14号: スクラロース

・ 第19号: その他のもの

・ 第20号: ラクトン

・ 010: 1 クマリン、メチルクマリン及びエチルクマリン

・ 020: 2 サントニン

・ 030: 3 クリスタルバイオレットラクトン

・ 090: 4 その他のもの

・ その他のもの

・ 第91号: イソサフロール

・ 第92号: 1-(1,3-ベンゾジオキソール-5-イル)プロパン-2-オン

・ 第93号: ピペロナール

・ 第94号: サフロール

・ 第95号: テトラヒドロカンナビノール(すべての異性体を含む。)

・ 第99号: その他のもの

・ 第33項: 複素環式化合物(ヘテロ原子として窒素のみを有するものに限る。)

・ 非縮合ピラゾール環(水素添加してあるかないかを問わない。)を有する化合物

・ 第11号: フェナゾン(アンチピリン)及びその誘導体

・ 第19号: その他のもの

・ 非縮合イミダゾール環(水素添加してあるかないかを問わない。)を有する化合物

・ 第21号: ヒダントイン及びその誘導体

・ 100: 3-ブロモ-1-クロロ-5-ジメチルヒダントイン

・ 900: その他のもの

・ 第29号: その他のもの

・ 非縮合ピリジン環(水素添加してあるかないかを問わない。)を有する化合物

・ 第31号: ピリジン及びその塩

・ 第32号: ピペリジン及びその塩

・ 第33号: アルフェンタニル(INN)、アニレリジン(INN)、ベジトラミド(INN)、ブロマゼパム(INN)、ジフェノキシン(INN)、ジフェノキシレート(INN)、ジピパノン(INN)、フェンタニール(INN)、ケトベミドン(INN)、メチルフェニデート(INN)、ペンタゾシン(INN)、ペチジン(INN)、ペチジン(INN)中間体A、フェンシクリジン(INN)(PCP)、フェノペリジン(INN)、ピプラドロール(INN)、ピリトラミド(INN)、プロピラム(INN)及びトリメペリジン(INN)並びにこれらの塩

・ 第39号: その他のもの

・ 110: 1 ピコリン及びO,O-ジエチル-O-(3,5,6-トリクロロ-2-ピリジル)ホスホロチオエート(クロルピリホス)

・ 120: 2 1,1,3,5-テトラメチルピぺリジン-1-イウム=ヒドロキシド

・ 220: 3 その他のもの

・ キノリン環又はイソキノリン環(水素添加してあるかないかを問わないものとし、更に縮合したものを除く。)を有する化合物

・ 第41号: レボルファノール(INN)及びその塩

・ 第49号: その他のもの

・ 100: 1 デキストロ-3-ヒドロキシ-N-メチルモルヒナン及び臭化水素酸デキストロ-3-メトキシ-N-メチルモルヒナン

・ 900: 2 その他のもの

・ ピリミジン環(水素添加してあるかないかを問わない。)又はピペラジン環を有する化合物

・ 第52号: マロニル尿素(バルビツル酸)及びその塩

・ 第53号: アロバルビタール(INN)、アモバルビタール(INN)、バルビタール(INN)、ブタルビタール(INN)、ブトバルビタール、シクロバルビタール(INN)、メチルフェノバルビタール(INN)、ペントバルビタール(INN)、フェノバルビタール(INN)、セクブタバルビタール(INN)、セコバルビタール(INN)及びビニルビタール(INN)並びにこれらの塩

・ 第54号: その他のマロニル尿素(バルビツル酸)の誘導体及びその塩

・ 第55号: ロプラゾラム(INN)、メクロカロン(INN)、メタカロン(INN)及びジペプロール(INN)並びにこれらの塩

・ 第59号: その他のもの

・ 100: 1 1,3-ジメチル-2,6-ジオキソ-4-アミノ-5-ホルミルアミノピリミジン

・ 300: 2 1,4-ジアザビシクロ[2,2,2]オクタン(トリエチレンジアミン)

・ 400: 3 その他のもの

・ 非縮合トリアジン環(水素添加してあるかないかを問わない。)を有する化合物

・ 第61号: メラミン

・ 第69号: その他のもの

・ ラクタム

・ 第71号: 6-ヘキサンラクタム(イプシロン-カプロラクタム)

・ 第72号: クロバザム(INN)及びメチプリロン(INN)(※)

・ 第79号: その他のラクタム

・ その他のもの

・ 第91号: アルプラゾラム(INN)、カマゼパム(INN)、クロルジアゼポキシド(INN)、クロナゼパム(INN)、クロラゼペート、デロラゼパム(INN)、ジアゼパム(INN)、エスタゾラム(INN)、ロフラゼプ酸エチル(INN)、フルジアゼパム(INN)、フルニトラゼパム(INN)、フルラゼパム(INN)、ハラゼパム(INN)、ロラゼパム(INN)、ロルメタゼパム(INN)、マジンドール(INN)、メダゼパム(INN)、ミダゾラム(INN)、ニメタゼパム(INN)、ニトラゼパム(INN)、ノルダゼパム(INN)、オキサゼパム(INN)、ピナゼパム(INN)、プラゼパム(INN)、ピロバレロン(INN)、テマゼパム(INN)、テトラゼパム(INN)及びトリアゾラム(INN)並びにこれらの塩

・ 第92号: アジンホスメチル(ISO)

・ 第99号: その他のもの

・ 010: 1 塩酸ヒドララジン

・ 090: 2 その他のもの

・ 第34項: 核酸及びその塩(化学的に単一であるかないかを問わない。)並びにその他の複素環式化合物

・ 第10号: 非縮合チアゾール環(水素添加してあるかないかを問わない。)を有する化合物

・ 第20号: ベンゾチアゾール環(水素添加してあるかないかを問わないものとし、更に縮合したものを除く。)を有する化合物

・ 第30号: フェノチアジン環(水素添加してあるかないかを問わないものとし、更に縮合したものを除く。)を有する化合物

・ その他のもの

・ 第91号: アミノレクス(INN)、ブロチゾラム(INN)、クロチアゼパム(INN)、クロキサゾラム(INN)、デキストロモラミド(INN)、ハロキサゾラム(INN)、ケタゾラム(INN)、メソカルブ(INN)、オキサゾラム(INN)、ペモリン(INN)、フェンジメトラジン(INN)、フェンメトラジン(INN)及びスフェンタニル(INN)並びにこれらの塩

・ 第99号: その他のもの

・ 010: 1 スルトン及びスルタム

・ 2 その他のもの

・ 091: アセスルファムカリウム(INN)

・ 099: その他のもの

・ 第35項: スルホンアミド

・ 第10号: N-メチルペルフルオロオクタンスルホンアミド

・ 第20号: N-エチルペルフルオロオクタンスルホンアミド

・ 第30号: N-エチル-N-(2-ヒドロキシエチル)ペルフルオロオクタンスルホンアミド

・ 第40号: N-(2-ヒドロキシエチル)-N-メチルペルフルオロオクタンスルホンアミド

・ 第50号: その他のペルフルオロオクタンスルホンアミド

・ 第90号: その他のもの

・ 第11節 プロビタミン、ビタミン及びホルモン

・ 第36項: プロビタミン及びビタミン(天然のもの及びこれと同一の構造を有する合成のもの(天然のものを濃縮したものを含む。)に限る。)並びにこれらの誘導体で主としてビタミンとして使用するもの並びにこれらの相互の混合物(この項の物品については、溶媒に溶かしてあるかないかを問わない。)

・ ビタミン及びその誘導体(混合してないものに限る。)

・ 第21号: ビタミンA及びその誘導体

・ 第22号: ビタミンB1及びその誘導体

・ 第23号: ビタミンB2及びその誘導体

・ 第24号: D-パントテン酸及びDL-パントテン酸(ビタミンB3又はビタミンB5)並びにこれらの誘導体

・ 第25号: ビタミンB6及びその誘導体

・ 第26号: ビタミンB12及びその誘導体

・ 第27号: ビタミンC及びその誘導体

・ 第28号: ビタミンE及びその誘導体

・ 第29号: その他のビタミン及びその誘導体

・ 第90号: その他のもの(天然のものを濃縮したものを含む。)

・ 第37項: ホルモン、プロスタグランジン、トロンボキサン及びロイコトリエン(天然のもの及びこれと同一の構造を有する合成のものに限る。)並びにこれらの誘導体及び構造類似物(主としてホルモンとして使用するもので、変性ポリペプチドを含む。)

・ ポリペプチドホルモン、たんぱく質ホルモン及び糖たんぱく質ホルモン並びにこれらの誘導体及び構造類似物

・ 第11号: ソマトトロピン並びにその誘導体及び構造類似物

・ 第12号: インスリン及びその塩

・ 第19号: その他のもの

・ ステロイドホルモン並びにその誘導体及び構造類似物

・ 第21号: コルチゾン、ヒドロコルチゾン、プレドニゾン(デヒドロコルチゾン)及びプレドニゾロン(デヒドロヒドロコルチゾン)

・ 第22号: コルチコステロイドホルモンのハロゲン化誘導体

・ 第23号: エストロゲン及びプロゲストゲン

・ 第29号: その他のもの

・ 第50号: プロスタグランジン、トロンボキサン及びロイコトリエン並びにこれらの誘導体及び構造類似物

・ 第90号: その他のもの

・ 第12節 グリコシド及びアルカロイド(天然のもの及びこれと同一の構造を有する合成のものに限る。)並びにこれらの塩、エーテル、エステルその他の誘導体

・ 第38項: グリコシド(天然のもの及びこれと同一の構造を有する合成のものに限る。)及びその塩、エーテル、エステルその他の誘導体

・ 第10号: ルトシド(ルチン)及びその誘導体

・ 第90号: その他のもの

・ 第39項: アルカロイド(天然のもの及びこれと同一の構造を有する合成のものに限る。)及びその塩、エーテル、エステルその他の誘導体

・ あへんアルカロイド及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第11号: けしがら濃縮物並びにブプレノルフィン(INN)、コデイン、ジヒドロコデイン(INN)、エチルモルヒネ、エトルフィン(INN)、ヘロイン、ヒドロコドン(INN)、ヒドロモルホン(INN)、モルヒネ、ニコモルヒネ(INN)、オキシコドン(INN)、オキシモルホン(INN)、フォルコジン(INN)、テバコン(INN)及びテバイン並びにこれらの塩

・ 第19号: その他のもの

・ 第20号: キナアルカロイド及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第30号: カフェイン及びその塩

・ エフェドリン類及びその塩

・ 第41号: エフェドリン及びその塩

・ 第42号: プソイドエフェドリン(INN)及びその塩

・ 第43号: カチン(INN)及びその塩

・ 第44号: ノルエフェドリン及びその塩

・ 第49号: その他のもの

・ テオフィリン及びアミノフィリン(テオフィリン-エチレンジアミン)並びにこれらの誘導体並びにこれらの塩

・ 第51号: フェネチリン(INN)及びその塩

・ 第59号: その他のもの

・ ライ麦麦角のアルカロイド及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第61号: エルゴメトリン(INN)及びその塩

・ 第62号: エルゴタミン(INN)及びその塩

・ 第63号: リゼルギン酸及びその塩

・ 第69号: その他のもの

・ その他のもの(植物由来のものに限る。)

・ 第71号: コカイン、エクゴニン、レボメタンフェタミン、メタンフェタミン(INN)及びメタンフェタミンラセメート並びにこれらの塩、エステル及びその他の誘導体

・ 第79号: その他のもの

・ 第80号: その他のもの

・ 第13節 その他の有機化合物

・ 第40項: 糖類(化学的に純粋なものに限るものとし、しよ糖、乳糖、麦芽糖、ぶどう糖及び果糖を除く。)並びに糖エーテル、糖アセタール、糖エステル、糖エーテルの塩、糖アセタールの塩及び糖エステルの塩(第29.37項から第29.39項までの物品を除く。)

・ 第00号: 糖類(化学的に純粋なものに限るものとし、しよ糖、乳糖、麦芽糖、ぶどう糖及び果糖を除く。)並びに糖エーテル、糖アセタール、糖エステル、糖エーテルの塩、糖アセタールの塩及び糖エステルの塩(第29.37項から第29.39項までの物品を除く。)

・ 010: 1 糖エーテル及び糖エステル並びにこれらの塩

・ 090: 2 その他のもの

・ 第41項: 抗生物質

・ 第10号: ペニシリン及びその誘導体(ペニシラン酸構造を有するものに限る。)並びにこれらの塩

・ 第20号: ストレプトマイシン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第30号: テトラサイクリン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第40号: クロラムフェニコール及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第50号: エリスロマイシン及びその誘導体並びにこれらの塩

・ 第90号: その他のもの

・ 第42項: その他の有機化合物

・ 第00号: その他の有機化合物


出典 :「輸入統計品目表」 (税関ホームページ) (http://www.customs.go.jp/tariff/2021_09_19/data/j_29.htm) を加工して作成